「ほっ」と。キャンペーン
※7月からエキサイトブログにも広告が入るようになったので、6月末までにブログを閉じることにしました。  

Blogger(ブロガー)ブログを使ってみました

エキサイトブログに広告が入るようになってから、「洋楽ブログ」をFC2ブログに引越したのですが、FC2も一月更新が無いとエキサイト以上に大きな広告が入るので完結するブログには使えません。

今年は小説の対訳ブログを作るつもりでいたので調べてみたら、「Blogger」(ブロガー)ブログを見つけました。 ここはエキサイト以上にシンプルで広告は入りませんし、Google がやっているのでアドセンスを掲載することもできますが、当然広告料はブログの管理者に入る仕組みです。

ブロガーはG-mail のアカウントがあれば簡単に作ることができます。 テンプレート(スキン)はシンプル過ぎるくらいですが、二列とか三列とか基本のレイアウトを決めたら、後で幅や文字の色やサイズなどはCSS(スタイルシート)の知識が無くても実際の画像を見ながらリアルタイムで変更できます。

特筆すべきは G-mail のアカウントで一度ブログを作ると、同じアカウントで複数のブログを簡単に作れること。 エキサイトのように複数のIDを取得したり、一々ログインとログアウトを切り替えることなく、二つのブログを同時にログイン状態で開いておくことができます。  違いはURLだけなので、管理も簡単です。
そして何より記事にも投稿欄にもうるさい広告が全然入らないこと。 さすがに大手の Google がやっているだけのことはあり、今にして思うとFC2ブログなんかに移転しなければ良かったと後悔しているくらいです。

エキサイトの「カテゴリ」に当たるのが「ラベル」で、「あいうえお順」か「頻度順」しか選べず、並べ替えはできません。 「HTML」というのがいわゆる「フリー・エリア」で、ブログ・パーツなどを貼ることができます。 他にも登録した人だけ閲覧できる機能などもあります。 便利なのが記事の下書き機能が付いていることで、自動的に書いている内容が保存されるので、苦労して書いた記事が消えてしまうというトラブルが回避できます。 Golgle がやっているので、Chrome (クローム)ブラウザとの相性も良いです。

コメントはブログ管理者が確認してから公開できる「コメント承認制」の設定ができますし、「確認用文字」を入力しないと投稿できない機能や、ブログメンバー専用や登録ユーザー限定などの設定も可能です。 他にも選択したユーザーのみがログインした時だけブログを閲覧できる機能などもあります。
 
難点としては、トラックバックが利用できないことと、インポートやエキスポートの機能が無いので、ブログの引越しは全て手作業となります。 使ってみた感じとしては割りとシンプルで使いやすく、純粋に「ブログだけをやりたい」という人には向いていると思います。

非公開設定で投稿できるのでそれでブログを作って、ある程度形ができたので本日から公開設定にして閲覧できるようにしました。 興味があればご覧になって下さい。 コメントは承認制にしてありますが、「確認文字入力」は肝心の文字が読みづらいので使っていません。
     → 対訳「ロビンソン・クルーソー」

・・・・・・・・・・・・(↓ ここに広告が入るので、私はエキサイトをやめました)・・・・・・・・・・・・・
[PR]

by sumiblog3 | 2010-09-01 14:30


ブログ閉鎖のお知らせ >>